ワーキングホリデーNavi >> ワーホリはチャンス >> 帰国した後の進路

帰国した後の進路

ワーキングホリデーを終えて、日本に帰国した後の進路を考えるとき、どのような状況になっているものなのでしょうか。

帰国した後の進路

ワーキングホリデーの計画を出発前から充分に立てていた人は、帰国した後の進路についてもあらかじめ考えている場合が多いそうですが、ワーキングホリデーの間に語学学校で身に付けた語学力が高ければ、英語を活用することができる仕事をしたいと考えるのが自然な流れではないでしょうか。

ワーキングホリデーから帰国後、日本で英語を活用できるような仕事に就きたいと考える場合には、語学学校でしっかりと学んで基礎を身に付けることはもちろんのこと、ワーキングホリデーの間に現地で就労するとき、英語を話して実際に使うことが多い仕事を探して働いていれば、実務的な英語が使えるようになります。

ワーキングホリデーは英語を学ぶということが主な目的ではないため、語学留学をしたときと比べると、その英語力に差があると考えられる場合がありますが、就労ということができるワーキングホリデーでは、働きながら現地の人たちと接することで、少しずつでも新しい英語に触れることができ、より実務的な英語を自分のものとすることができるのです。

ワーキングホリデーの滞在期間だけでは物足りず、帰国後に再度、留学用のビザや就労用のビザをとって、また同じ国に渡航するという人も少なくありません。

ワーキングホリデーでは足りなかった時間を、今度は目的を変えて、より有意義な体験を加えることができるのです。

ワーキングホリデーの最長1年間という時間は、日本とは流れが違う時間の中で、自分自身の将来をゆっくりと考える時間に充てるという人も多いようです。

そのため、ワーキングホリデーということをきっかけとして、それまでの考え方とは全く違った人生を見つけ出すという人もいます。

ワーキングホリデーから帰国した後の自分自身の進路は、英語力だけではなく、人生観にとってもより良い方向に変わることができるのです。

無料でできるワーホリ準備
AIUワーキングホリデー保険

AIUワーキングホリデー保険

ワーキングホリデーをはじめ、貴重な人生体験ともなる海外留学生活。環境や風習の異なる異文化社会で安心して生活するためには、 予期せぬトラブルに備えた保険加入は絶対に必要です。

留学保険・海外旅行保険ならAIU代理店の海外旅行・留学生保険サイト。海外留学保険やオンライン契約も承っています。

AIUワーキングホリデー保険2
AIUワーキングホリデー保険1