ワーキングホリデーNavi >> 出かける国を選ぶ >> ワーキングホリデーの新しい参加国

ワーキングホリデーの新しい参加国

ワーキングホリデーの参加国として最近加わったのが、アイルランドとデンマークです。

ワーキングホリデーの新しい参加国

雨の多い国として知られているアイルランドは、水の豊富な国でもあるそうです。

ワーキングホリデーとして、アイルランドに滞在している間は水に不足を感じずに暮らすことができそうなので安心です。

アイルランドでアルバイトをするときには、まずは社会保障番号というものの手続きをして取得することが必要です。

同じ雇用主の元で3ヶ月以上働くことができないというところはアイルランドも他の国と同様ですが、フルタイムで働くことができるので、コツコツと働けば滞在中の収入源として期待することができます。

アイルランドでは留学生を迎えることが多いので、ホームステイを希望する場合には、受け入れてくれる家庭が多くあるという可能性が高いところが嬉しいです。

ルームシェアをすることで滞在費用を抑える工夫をすることができますので、ルームシェアを希望する場合には、アイルランドの地元の新聞や公共のコミュニティスペースやエージェントなどを利用してルームシェアを希望している人を探すと良いでしょう。

デンマークは福祉の先進国として知られている国ですので、デンマークへのワーキングホリデーを考える際には、福祉の学習をすることも視野に入れて選択することができます。

デンマークでのワーキングホリデーは、まだ歴史が浅いということがあり、現地からの情報がまだまだ少ないのが現状ですので、英語やデンマーク語の語学力をある程度は持ち合わせていることが必要だといえます。

デンマークでのアルバイトは、日本食レストランからの求人が主だったものだそうですので、都市部での滞在が適していると思われます。

デンマークからの日本語での情報が少ないことも考慮すると、首都であるコペンハーゲンでのワーキングホリデーを考えることが最適な方法であると考えられます。

デンマークの物価は多少高めではありますが、エージェントなどのワーキングホリデーの団体に相談すると、食事や住居付きで過ごしながら学習もできるプランなどが用意されていることがありますので、そういったプランを上手に利用すると良いでしょう。

無料でできるワーホリ準備
ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデーを成功させるには、なんといっても情報が大事です。

ワーキングホリデービザの制度を利用し、1年間海外生活を体験できるのがワーキングホリデープログラムです。このプログラムでは、英語の勉強はもちろん、仕事をしながら生活をしていきます。

ワーキングホリデー専門ISS2
ワーキングホリデー専門ISS1