ワーキングホリデーNavi >> 出かける国を選ぶ

出かける国を選ぶ

出かける国を選ぶ

ワーキングホリデーに出かける国を選ぶときには、やはり自分が行ってみたいと考えたことがある国を選択することが多くなると思います。

その国の中で行って見てみたい場所があるとか、歴史のある街で暮らしてみたいとか、国が持っているイメージのようなものも参考になります。

特に国選択の希望がない場合、また希望する国が複数ある場合にはどのようにして決めるのが良いのでしょうか。

それぞれの国には違った文化や生活習慣がありますので、それをきちんと調べて自分と相性が良い国を選ぶことにより、ワーキングホリデーを成功させることにも繋がります。

ワーキングホリデーは、最長1年間というロングステイになりますので、自分に合った国を選ぶことで、ワーキングホリデーとして現地に滞在するときの楽しみを増やすことにもなります。

ワーキングホリデーでは、それぞれの国によって違う気候を重視することも賢い国選びの方法です。

人によって、暑い気候が苦手な人、寒い気候が苦手な人がいますから、それぞれの国による気候の移り変わりを調べておくことによって、自分にとって過ごしやすい国を選ぶことができます。

例えばオーストラリアをワーキングホリデーの国として選ぶと、暑い気候の方が良いという人には合っているといえますし、イギリスは涼しい気候なので、涼しい気候の方が良いという人には合っています。

カナダは冬になるとたくさんの雪に見舞われますので、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむことができますし、スキューバーダイビングなどのマリンスポーツを楽しみたい人ならオーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア地方がお勧めです。

選択する国によって、準備する予算にも違いがでてきますが、同じ国でも都会か地方かの違いで、物価の事情は変わってきます。

もちろん都会の方がワーキングホリデーとして滞在中の生活費や、語学学校などの費用も高めになる傾向があり、逆に地方の方がこれらの費用が全体的には低く抑えられる傾向があります。

出かける国を選ぶのカテゴリ

無料でできるワーホリ準備
ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデーを成功させるには、なんといっても情報が大事です。

ワーキングホリデービザの制度を利用し、1年間海外生活を体験できるのがワーキングホリデープログラムです。このプログラムでは、英語の勉強はもちろん、仕事をしながら生活をしていきます。

ワーキングホリデー専門ISS2
ワーキングホリデー専門ISS1