ワーキングホリデーNavi >> ワーキングホリデーの実際 >> ワーキングホリデーはロングステイ?

ワーキングホリデーはロングステイ?

ワーキングホリデーは、最長1年という滞在期間がありますが、この期間を長いととるか、短いととるかは人それぞれ、出発前に掲げた目的にもよることだと思います。

ワーキングホリデーはロングステイ?

ワーキングホリデーの滞在期間が最初のころには、現地の人との語学力に違いがあるのは当たり前ですが、それよりも意外と文化や習慣の違いに戸惑うことが多いそうです。

ワーキングホリデーの滞在期間が進んでいくにつれ、現地の習慣にも慣れてきて、少しずつ語学力がついてきますので、戸惑うことが少なくなってくることと思われます。

でもその文化や習慣の違いを感じることができるところが、ワーキングホリデーの楽しみでもあるのです。

滞在期間中、日本とは違う環境の中で過ごすことができるからこそ、ワーキングホリデーに出かけている意味があるというものです。

ワーキングホリデーの滞在中の過ごし方によってもその期間を長く感じるか、短く感じるかということは変わってきます。

例えばワーキングホリデーの間、ホームステイなどで現地の家族とゆったりとした時間を過ごしていれば、滞在中はロングステイだと感じるかもしれませんが、ワーキングホリデーが終わって振り返ってみれば、意外と早く終わってしまったと感じるかもしれません。

ワーキングホリデーの間、ヒッチハイクなどをしながら、いろいろな町を移動していたとすれば、1年という滞在期間もあっという間に過ぎてしまって短い期間だと感じるかもしれません。

海外で過ごす1年という時間は、同じ時間であっても日本で過ごす1年とは全く違った流れになります。

ワーキングホリデーの滞在期間中、そんな違いを見つける間もなく過ぎてしまうか、違いを感じながら過ごしていくかは、ワーキングホリデーの実行前に自分で立てた計画次第だということができます。

ワーキングホリデーにしっかりとした目的を持って、あっという間に時間が過ぎてしまった感じがある人は、1年では物足りないくらいかもしれませんね。

ワーキングホリデーの1年は、ロングステイに感じるでしょうか、ショートステイに感じるでしょうか、なかなか楽しみだと思います。

無料でできるワーホリ準備
KDDIの001国際モバイルトーク

KDDIの001国際モバイルトーク

001国際モバイルトークをご存じですか?

アナタの持っている携帯電話、「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」「ウィルコム」、全てのキャリアで使うことができます。

それも無料登録をするだけで国際電話の通話料がお得にご利用できるのですから、やらない手はないでしょう。

KDDIの001国際モバイルトーク2
KDDIの001国際モバイルトーク1