ワーキングホリデーNavi >> ワーキングホリデーの実際 >> 必要な費用について

必要な費用について

ワーキングホリデーで準備しておかなくてはいけない費用は、景気の変動がありますので、渡航を考えている国によっても違ってきます。

必要な費用について

一般的には、ワーキングホリデーで目的としている国に渡航するまでの交通費や、現地で語学学校に入学しようと考えている人はその学校の費用が必要です。

現地ではすぐにアルバイト先が見つかるとは限りませんので、到着後しばらくは仕事が見つからなくても生活ができるように生活費を多めに見積もっておく方が安心です。

これらのことを考えると、海外へワーキングホリデーに出かけるためには、最低でも50万円は準備しておくことが賢明だといえます。

この50万円は、ワーキングホリデーで海外に到着したときに滞在するための費用として証明するためには妥当な額だということができます。

オセアニアの国々では、ビザを申請するときの条件として、充分な滞在費用があるという項目が含まれています。

カナダへワーキングホリデーに行くときには、入国するときに持参している資金の証明が必要になるそうです。

最低でも50万円が必要とはいえ、実際にワーキングホリデーの資金を準備するときには、100万円から200万円弱くらいの資金を準備している人が多いようです。

資金はたくさん準備しておけば確かに安心ですが、持ち歩くときには防犯に充分に気を付ける必要がありますし、資金をたくさん準備すればするほど安心度が上がるというわけではないようです。

ワーキングホリデーでは、資金が不足すれば働いて資金を調達することが可能ですが、3ヶ月以上同じ雇用主のところで働いてはいけないという条件がありますので、注意が必要です。

せっかくワーキングホリデーに行くのですから、必要な行動は、手元の資金を使用して活動的に行いたいものです。

ワーキングホリデーに出かけたのに、資金が足りなくて、目的としていたことができなくて、生活するだけで精一杯だったということはないようにしたいものです。

無料でできるワーホリ準備
選べる留学e─LaBelle

選べる留学e─LaBelle

もしアナタがワーキングホリデーの成功を目指しているのなら、短期留学、もしくは「転職 就職 キャリアアップ」をキーワードに留学も取り入れてみてはいかがでしょうか。

ワーキングホリデーはとても長い期間、日本を離れることになります。

選べる留学e─LaBelle2
選べる留学e─LaBelle1