ワーキングホリデーNavi >> ワーキングホリデーを知る >> 基本的な条件とは?

基本的な条件とは?

ワーキングホリデーは、なかなか興味深い制度ではありますが、だれでもワーキングホリデーのビザを取得することができるわけではありません。

基本的な条件とは?

日本からワーキングホリデーに行くことができるのは、日本国籍を保有していて、日本に在住していることがまずは基本的な条件となります。

ワーキングホリデーにおいて大切なのは年齢制限で、原則として18歳から30歳までとなっていますが、イギリスでは18歳から25歳までとなっていますので、年齢制限については特によく確認することが必要です。

この年齢制限については、ワーキングホリデーに出発する日の年齢ではなく、ワーキングホリデーのビザの申請書が受理される時点での年齢です。

ワーキングホリデーの基本となっているのは、休暇であるホリデーの部分ですので、ワーキングホリデーの本来の目的が休暇であるとする人がワーキングホリデーの条件に当てはまります。

したがって、ワーキングホリデーのビザは、語学留学を本格的に行いたいときの学生許可証と呼ばれるビザや、就労が目的となる就労許可証と呼ばれるビザや、観光のためのビザとも当然違っている、特別なビザです。

原則としてワーキングホリデーは、同じ国には1度しか行けないという条件がありますので、過去にその国にワーキングホリデーに出かけたことがない人が対象となります。

海外へ出かけていくのがワーキングホリデーですから、もちろんワーキングホリデーの滞在期間中に有効なパスポートを持っていることが必要です。

ワーキングホリデーは、ワーキングホリデーのためのビザを申請することができますが、資金を援助してもらうことができる制度ではありませんので、まずは渡航先までの往復切符を購入することができる資金と、最長で1年という長い期間を滞在するための費用をある程度は持参していくことが必要です。

ワーキングホリデーに限ったことではありませんが、特に日本の若者代表として海外へ出かけるのですから、心身共に健康でコミュニケーション能力があり、一般的な常識を持ち合わせていることも、ワーキングホリデーには必要な条件だということができます。

無料でできるワーホリ準備
ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデー専門ISS

ワーキングホリデーを成功させるには、なんといっても情報が大事です。

ワーキングホリデービザの制度を利用し、1年間海外生活を体験できるのがワーキングホリデープログラムです。このプログラムでは、英語の勉強はもちろん、仕事をしながら生活をしていきます。

ワーキングホリデー専門ISS2
ワーキングホリデー専門ISS1